脱毛サロンのしつこい勧誘はどうする?立場別の断り方

脱毛サロンにおいて厄介なのは勧誘です。今では強引な勧誘をする所は少なくなりましたが、半ば強引な勧誘をするサロンもあります。ここでは立場別に勧誘の上手な断り方を解説していきます。

勧誘を断る女性

学生の場合

 学生でも脱毛サロンを利用する事はあります。大学生や高校生や中学生でも利用する人はいます。サロン側もノルマなどがあるので学生に対しても勧誘をしてくる事はあるでしょう。

 そんな時にはアルバイトもしていないので、決定権が親にあると告げましょう。

社会人の場合

 社会人になればお金もありますから、美容に磨きをかけるためにサロンに通う人も増えてきます。サロン側からしたら契約を取りやすいいいお客さんです。そこで勧誘をかけてくる可能性は高いですが、そんな時にはお金がなくて仕事も忙しいなどと理由を付けて断りましょう。

主婦の場合

 主婦の人でもパートや子育ての間にサロンに通う人はいます。主婦が勧誘を迫られたらどうしたらいいでしょうか。断る理由としてはお金の管理は自分がしているわけではない事にして、その事を伝えます。

 また、旦那に決定権がある事を告げてみるのもいいでしょう。それでもしつこく食い下がるスタッフに対しては帰ってから旦那に相談してみると伝えましょう。まだしつこく勧誘をしてくる時には旦那から許可を取れなかったと伝えればいいでしょう。