ワキガと大きく関係しているアポクリン腺という汗腺

脱毛でワキガが改善されると言う話について

ワキガが気になる女性
ワキを脱毛すると、ワキガが改善されると言う話がありますが、その具体的な仕組みとしては、汗腺が大きく関係しているでしょう。

ワキには2つの汗腺があり、その中でも、アポクリン腺という汗腺が、ワキガと関連しています。

アポクリン腺からの汗には、塩分が少なく、タンパク質やアンモニアや脂質が多く含まれていますので、雑菌が繁殖しやすいことが上げられます。

実はもともと、アポクリン腺から出てきた汗は、臭いのしないものなのですが、その汗に常在菌などが繁殖することで、強い臭いを発してしまうのです。

従って、ワキ脱毛でムダ毛がなくなることでも、雑菌の繁殖を防ぐことが出来るのですが、このアポクリン腺自体が破壊されれば、臭いのもととなるものがなくなり、ワキガが改善されることに繋がるのです。

脱毛を行っただけでワキガが完全に治る訳ではない

脱毛は、サロンやクリニックなどで採用されている機器が異なってきます。

比較的、出力の弱い、サロンで取り使っている機器よりは、出力の強い、クリニックで脱毛を行うことで、毛根と一緒に、アポクリン腺も破壊されることが予想されるでしょう。

ただし注意しておきたいことは、ワキガを治す方法は、きちんと他に治療法があります。脱毛を行っただけで、ワキガが完全に治るという訳ではありませんので、そこは、症状が改善されるという捉え方をしておいた方が、良いのではないでしょうか。