自分で脱毛する

ワックス脱毛のメリットとデメリット

ワックス脱毛の特徴

jomoはちみつのような硬さに調節したワックスを細めのアイス棒のように平べったい棒ですくって脱毛したい場所に薄く塗り、少し起毛しているタイプの紙を程よい大きさにカットし(小さめの方が効果が大です)を上から載せ少し紙をさすってワックスを密着させ一気に剥がす!毛が抜ける!というなんともシンプルな脱毛法です。

ワックス脱毛のメリット

剃ったり、抜いたりするのより毛穴が目立たず、毛根から一気に抜くのでムダ毛の生える時間が遅いです。基本、ワックス自体は自然の素材で配合されているので、肌荒れなく本当にツルッツルになります。コスト的にも、うまくできれば脱毛器よりも安くすみますし、一回セットで買うと結構もつのでコスパは良いかと。一番嬉しいのはなかなか恥ずかしくて専門店では出来ないVIOラインも自分で脱毛出来ることです。多少恥ずかしい格好になりますが…綺麗になった時の状態はカミソリ、脱毛器とは比べものになりません!!

ワックス脱毛のデメリット

セルフで行うものだと慣れるまで綺麗に脱毛できないのと、皮膚を引っ張っておいて一気に剥がすのですが、失敗するととても痛いのに抜けない。そして抜けても毛穴から出血します。

寒暖の差でワックスの硬さが変わり夏場は柔らかくなりすぎる&汗をかいて密着しにくくなるので失敗しやすいのが難点ですね。
特に皮膚の弱い方(剥がす時のダメージの問題)や一気にバリッと剥がせる気合がない方は難しいかも…です。

渋谷脱毛ランキング@安い&口コミ評判が良いのはここだTOPへ

毛抜きで脱毛するメリットとデメリット

毛抜き脱毛の特徴

kenuki毛抜きで脱毛というのは文字通り、毛抜きを使って一本一本、抜いていくことを言います。痛そうに見えますが、毛が生えている方法に向かって抜くと、意外と痛みは少ないものです。ただし口周りのような、肌が敏感な部分は別で、痛みはあります。抜いた跡が赤くなる場合もありますので、敏感肌の人は様子を見ながら行ってください。

毛抜き脱毛のメリット

毛抜きで脱毛するメリットとしては、次に生えてくるまでの時間が剃刀で剃った場合に比べて長くかかるということが言えます。そして、何度も抜いているうちに次第に生えてこなくなるメリットもあります。しかし、場所にもより人にもよりますが、生えてこなくなるまで抜き続けるのにはかなり時間(回数)がかかります。

毛抜き脱毛のデメリット

毛抜きで脱毛するデメリットとしては、なんといっても時間がかかりすぎる、面倒、ということになります。毛抜きで抜くのはせいぜい眉とか唇の上など、ほんの小さな範囲だけに限られるのではないでしょうか。毛の少ない人なら足や腕も抜けるかもしれません。毛深い人がムダ毛を毛抜きで処理しようとしたら、超人的な根気が必要となりますので、他の方法を試してみたほうが無難だと思います。抜いても抜いても残っているということになりかねません。足も腕も二本ありますので、片方だけ抜いて嫌になったり、疲れてしまうことも考えられます。毛深い人の脱毛は、顔や指など小さな部分は毛抜き脱毛、大きな部分はワックスやクリームなどを使い分けましょう。

渋谷脱毛ランキング@安い&口コミ評判が良いのはここだTOPへ

カミソリで脱毛するメリットとデメリット

カミソリ脱毛の特徴

kamisori3必要なコストはカミソリ代の数百円という手軽さで、簡単に誰でも自分で好きな時に脱毛ができることです。ムダ毛の薄い人や毛の伸びるペースが遅い人にはお勧めです。

カミソリで脱毛するメリット

サロンなど脱毛を行う場所に定期的に通う必要もなく、脱毛に対して余計な時間やスケジュール調整をする必要がなく、入浴と同時に行うことができるので気軽です。脱毛を行うエステティックサロンなどでの脱毛と比較した場合、ワキ脱毛は数百円とかかれており手頃な印象を与えますが、その他の部位の脱毛は数十万円などと高額なコストがかかる上、それに対する勧誘がしつこい場合もあります。一方で、脱毛用カミソリの場合はドラッグストアなどで数百円で購入できる上、肌を出す必要があるときのみ脱毛を行うなどに限定すれば、その費用は圧倒的に低いです。

カミソリで脱毛するデメリット

個人差もありますが、毛の生えるペースが早い方だと毎日毛をカミソリで剃る必要があり、カミソリによる肌の負担が否めません。また、毛を剃ることにより断面部分が広くなり、新たに生えてくる毛が濃く感じるようになる可能性があります。カミソリは気を付けていても、少しの油断で肌をケガさせてしまう可能性もあります。またカミソリもシンプルなT字のものから、ソープ付きのものや電動など趣向を凝らしたものもありますが、その分価格も高くなるので、処理の頻度の高い人ほど、このコストを例えば30年支払うことを考えた時に、取り替えの頻度を考慮するとあまり安い買い物とは言えなくなります。旅先など人の目が気になる環境ではカミソリで毛を処理することは難しいと感じる方もいるかもしれません。また小さなお子さんがいらっしゃる家庭では、カミソリの保管方法には十分気をつけなくてはなりません。

渋谷脱毛ランキング@安い&口コミ評判が良いのはここだTOPへ

除毛クリームで脱毛するメリットとデメリット

除毛クリームの特徴

除毛クリームを使っての脱毛は、アルカリ性の薬剤をムダ毛が隠れるほどに塗り、その後時間を置くことによってムダ毛を溶かすという脱毛方法です。

除毛クリームのメリット

除毛クリームで脱毛するメリットとしては、剃刀を使うときのように毛穴の黒いぽつぽつが目立たない仕上がりであること、毛抜きのように痛くないことが挙げられます。また、毛が生えてきたときに、剃刀で剃った時のように太いままではなく毛先が細い自然な感じで生えてきますので、ザラザラ感、チクチク感がありません。スーパーやドラッグストアで簡単に手に入り、しかも安価であることもメリットです。

除毛クリームのデメリット

除毛クリームで脱毛するデメリットは、除毛クリームはタンパク質を溶かすように作られています。毛だけでなく肌の主成分もタンパク質ですから、クリームを使うときにどうしてもある程度肌表面の角質層も溶けてしまうのです。したがって肌の弱い人は肌荒れを起こしやすいので、使用前にはパッチテストを行い、頻繁に使うことは避けたほうがいいでしょう。肌が強い人でも顔には使用できませんし、デリケートゾーンへの使用もひかえたほうがいいでしょう。

除毛クリームを使う際の注意点

また除毛クリームには独特の刺激臭があります。浴室で使うときには換気に気をつけましょう。使い方によっては、洗い流した後、ちゃんと除毛できていないこともあります。ちゃんと除毛できたとしても、生えてくる時間は剃刀とさして違わないということもデメリットでしょう。

渋谷脱毛ランキング@安い&口コミ評判が良いのはここだTOPへ

家庭用脱毛機のメリットとデメリット

家庭用脱毛機の特徴

katei家庭用脱毛機には、大きく分類してレーザー方式、フラッシュ方式、サーミコン方式の3種類があります。レーザー方式とは、黒い色のみ反応する赤外線レーザーを肌に照射し、毛根にダメージを与えて脱毛するのが特徴です。フラッシュ方式は、レーザー方式と同じく黒い色に反応する光を当てることで、無駄毛を除去していきます。レーザーよりも照射が弱く、肌に優しいのが特徴です。サーミコン方式は、他の2種類とは異なり、脱毛機の熱源を利用して、無駄毛を焼き切るのが特徴です。

家庭用脱毛機のメリット

家庭にて脱毛処理ができるという点が大きなメリットで、エステやクリニックに通うことは時間を大きく消費してしまいますが、家庭用脱毛機であれば気軽に、かつ好きな時間に脱毛処置できるというメリットがあります。また家庭用脱毛機は、脱毛に必要な経費が安いというのも大きなメリットといえます。脱毛機本体やカートリッジなどを合わせて計算しても、エステなどで脱毛してもらうよりも格段に安く済みます。

家庭用脱毛機のデメリット

業務用脱毛機などと比べて効果が薄いというものがあります。レーザー脱毛器やフラッシュ脱毛器などの機械系の家庭用脱毛器は、業務用よりも出力が低く、効果が表れにくいという欠点があります。また効果の低さから脱毛期間が長期的になり、家庭用脱毛器が安価とはいえカートリッジ交換などの費用がかかり、結果的に必要費用がエステなどでの脱毛と大差がない状態になることもあります。家庭用脱毛機は、脱毛に失敗しても、自己責任となります。

渋谷脱毛ランキング@安い&口コミ評判が良いのはここだTOPへ